メインイメージ画像

玄関の鍵はものによって防犯性が異なります

最近多発している空き巣は玄関の鍵を掛けても他の場所から空き巣の被害にあう可能性はあります。空き巣はありとあらゆる手口を用いて鍵の掛かっている玄関から侵入しようと試みます。

空き巣のもっともポピュラーな手口がピッキングです。ピッキングは玄関のキーホールに特殊な器具を差し込んで開錠すると言う手口です。ピッキングに手慣れた泥棒なら防犯性の低い鍵だと数十秒ほどで開錠されてしまいます。しかもピッキングの方法がインターネット上で公開されていて、練習次第では誰でも出来てしまう怖い現状があります。

そんな時はピッキング対策に有効なシリンダー錠に交換するのは防犯対策になります。空き巣はピッキングですぐに開かないのを嫌がります。ピッキングに丈夫なシリンダー錠が付いていると、時間を掛ければ開錠が可能であっても空き巣は諦めることが少なくないです。このタイプのシリンダー錠を2つ取り付けることでさらにピッキングに時間が掛かるように仕向けることも可能です。一つだけでは不安なときはダブルで取り付けると良いです。シリンダー錠の中にはピッキングによる解錠が無理なタイプもあります。



とはいえどんなにピッキングに強くてもサムターン回しの手口を用いられると開錠は容易に行えます。部屋の内側にサムターンは付いています。カギを開けるためのツマミの事です。特に2つの扉の間に隙間が出来やすい引き戸の玄関ではサムターン回しの手口を使っての侵入が多いです。そんな時はサムターンを着脱可能な鍵にチェンジすると言う防犯対策が行えます。

サムターンを外しておけばサムターン回しのやり方は使えないです。

暗証番号で開錠するデジタルロックキーを設置しておくと、ピッキングやサムターン回しのやり方を用いることは出来ないので更に防犯性が向上します。両面暗証番号のボタンを押して開錠する形態もあり、室外側と室内側と同様でない暗証番号をセットする事も可能です。室外側が例え適当な暗証番号の羅列でボタンを押されて開錠されても室内側の暗証番号がブロックします。しかしドアの隙間を使って器具を差し込んでテコの原理を用いて強引に開ける手口には通じないです。

更新情報